にじいろまんだらセラピー

2017年もあとわずかになってきました。
2年前くらいからセラピスト活動を行っていましたが、今年は、ゆら樹としてホームページを作成したり、独立(一人暮らし)して自宅サロンをオープンしたり、活動にもいろいろな変化がありました。

そんな年の瀬に、思い浮かんだこと…それは、「にじいろまんだらワークショップ」は、「セラピー」要素が強いのではないかということ。
作品作りを楽しむというよりは、水彩感覚で曼荼羅を崩しながら描くことで、心(感情、思い込み)の解放が起こっている、その側面を大切にしたいと、ふと、改めて、思ったのです。

思い返せば私自身、「にじいろまんだら」を描きはじめた頃は、作品作りというよりは、楽しみながら、心を解放することで整えたり、自分を癒したりしていました。

こちらは一番最初に水彩で描いた作品ですが、原点なので、現在サロンの玄関で皆様をお迎えしてもらっています。

それが、去年展示する機会をいただいたときに、大きな作品に初めて取り組み、「作品としてのにじいろまんだら」を意識し始めました。
勿論、ご購入していただいたりもしていましたので、「作品」という意識はありましたが、作品の中に自分の表現を盛り込むものに、段々と移行していったのです。

その感覚の移行に、自分ではあまり気が付かなかったので、それ以降まんだらを描く際に、迷いというか、混乱、葛藤が生まれることになりました。
セラピー感覚と、作品創りの感覚は、少し違ったようなのです。

それは、ワークショップとしてお伝えする際にも、どんどん大きくなり、いい作品を創る、というよりは、心の解放、自己を受容していくという、セラピーとして行った方がいいのではないかと思うようになりました。

そのようなわけで、年明けからは、「にじいろまんだらワークショップ」は、「にじいろまんだらセラピー」として生まれ変わります。

毎回、最初にテーマを決めて、描きながら自分の感覚と静かに向き合っていただき、内側をじっくり味わっていただく時間にしていきたいと思っています。

詳細は決まり次第、お知らせしますね☆
最後になりましたが、来年も、さらなる変化の年となりそうです。
これからのゆら樹もどうぞよろしくお願いいたします!

にじいろまんだらホームページ

お知らせ

Posted by Aiko