数人の前でさえ緊張していた私が、200人の前で普通に話せるようになったヒミツ③

コラム

なぜ私が「自分が伝えたいこと」に意識を向けたのかですが、それは、
「今起こっていること」に対して、自分の内側に起こることを観察してみたのです。

今、この機会を通して自分に与えられている役割は、いったい何だろう?
何か、私自身が伝えたいと思っていることがあるのではないだろうか?
そういった観点で、自分の気持ちを観察してみました。

多くの学生にとって、私が提供できる役立つことは何か…?

活動の仕方や事務手続きは、本人の気持ちが「就職」について前向きになるならば、
資料を読んだり情報を集めたり、人に質問したらすぐに分かること。
そのことに対して何か否定的な思いを抱いていたり、
心が整理されていなかったりすると、それを目の当たりにしたくないと思うからこそ、
具体的な行動に出たくないと感じるわけです。

逆に言うと、学生に対して「就職」を前向きに考えてもらうきっかけを作ること、
心を整理するための情報を提供することが少しでもできれば、
それが私にとって喜びにつながる、ということに気が付きました。

自分自身のモチベーションが分かってからは、「どう思われるか」といった、
他者からの評価は気にならなくなり、緊張が和らぎ、
普通に、またはいつもよりも情熱的に、話すことができるようになりました。

起こっている出来事と、自分自身の内側を、観察するということは、
慣れないとどうしたらいいのか?よく分からないかもしれません。
「緊張」は心が無意識的に、自分を守るために働く反応です。
そんな時、一度自分の心がどういう状態になっているのか?
客観的に見ることができれば…

何かよく分からない、ごちゃごちゃ絡まった状態から、
それを客観的に見ることで、理解が進みほどけてきます。
そうすると、シンプルに行動を起こしやすくなっていきます。

振り返ってみれば、自分に起こることを乗り越える答えはいつも、自分の中にありました。
ただ、それを探せるようになるには、ちょっとコツが必要かなと思います。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました