人ごみの中でも疲れなくなったヒミツ

雑踏 シリーズ

「ゆるむ」ことに、私が興味を持ち始めたのは、もういつだったかわからないくらい昔なのですが…

2014年に出会った、リラクセンスボディセラピーが、
「ゆるんだらどうなるのか?」を探求していく大きなきっかけになりました。

それまでは、どちらかというと、心のことに興味がありました。
同じくらい忙しかったり、同じことをしていても、疲れる人と、元気な人がいるのは、
どういうことなのだろう?心の状態に何か秘密があるんじゃないだろうか?と思っていたのです。

私自身、人が多い、人ごみの場所に行くと、すごく疲れてしまう人でした。
繁華街、都会で、嬉々として遊んでいる友人を見ながら、
「どうしてあんなところで元気でいられるんだろう」と不思議で仕方がなかったです。

今は、あまりの人込みは避けるようにしているのもありますが、
人ごみだからといってものすごく疲れることはありません。
それはやはり、心の状態に関係があると思います。

心の状態を知るのには、身体に目を向けることが近道だったりします。
自分のことは自分が一番よく分かっているようで、
特に心は、自分のことが分かりません。

身体、という「事実」を通して、自分を探求していくと、
自分が思っている理論を超えた何かがあることが、分かってきました。

その仕組み、法則が、心と身体が解放される仕組みであり、
やはり心と身体、両方からのアプローチが大切なのだ、と思うに至り、
心の状態を可視化できる「声診断」を勉強することになったのです。

私がお伝えしたいことは一言で言ってしまうと「ゆるむと、力が出る」ということなのですが、
私自身、文章を読んだり、人の話を聞いていただけでは、なかなか理解できませんでした。

しかも、ひとたび「ゆるみ」始めると、最初は思ってもみなかった、
一見ネガティブに思えるようなことも、起こってくるのです…。
こんなはずじゃなかった?いや、でも、
それこそが、自分自身のネガティブなものを解放し
身軽に生きていくための通過儀礼だったなと、今は思います。

身体や日々の生活を通して「体験」することで、
腑に落ち、自分の中に新たな法則が出来上がっていきました。

そういうわけですので、「人が多いところが苦手」という方には、
「人混みがそれほど苦にならなくなる秘訣」を、ぜひお伝えしていきたいなと思います。

とりあえず、休日は、のんびり紅茶とスイーツでもいかがですか?フレンチホットケーキ

コメント

タイトルとURLをコピーしました