身体で感じて腑に落ちる

音声療法コラム

声診断でも特徴として、体感的な直観、本能優位な私は、

体感と、頭の理解を、つなげるのに時間がかかることがあります。

言葉だけで訴える時ほど、伝えたいことは伝わらず、

だからこそ体感を探求し、

その結果リラクセンスボディセラピーにたどり着いたというのがあります。

リラクセンス

身体の感覚から理解に結び付く経路が、私としては一番ナチュラルだったのです。

今となっては、その経路以外の経路もあることが分かり、

体感ばかりにこだわることはなくなっています。

ですが、その、体感と頭の理解をつなぐものは…

「気づき」が起こるのは、どういうときか?

シンギングボウル

そんなことを、音、そして声の可能性に託すとしたら…。

アート、リラクセンス、音声療法、声診断、

私にとってはどれも、自分の中にあるものを表現のためのツールであり、

その表現によって、どなたかの中にあるものに響かせることができたなら、

それがきっと一番幸せなことなんだろうなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました